借金していい場合とそうでない場合

沢山の千円札

この世の中には借金返済というものを抱えている人が本当に沢山います。

もしかしたら皆さんもその一人なのかもしれません。 世間的なイメージからいうと、借金返済をしているというのは非常に悪いことのように考えられることがあります。 しかし実はよく考えてみると、借金返済にはポジティブなものとネガティブなものに区別することができるのです。 少しそこに関して一緒に考えてみましょう。

まずポジティブな借金ですが、これはお金を借りることで自分の収入をアップさせることができるものです。 事業者であれば、融資という借金をしてビジネスの元手とし、さらに商売に拍車をかけるということがよく行われています。 この借金の場合、非常に明確で建設的な使用目的があり、利益を生み出すための必要な出費であるということがいえるでしょう。 個人でも同じことが言えます。

つまり、個人投資家などの場合、お金を借りてその借金をしたお金で投資をするという人が非常に多いのです。 さらにポジティブな借金返済のもう一つの特徴は、借りるのが一度きりということでしょう。 つまり、その一度の借金で確実に成功し、目的を果たすことができるのです。

事業の場合は何度も融資のお世話になるかもしれませんが、借金返済の目処が付いていて、その前の融資に関しても完済していることなどが条件になります。

借入時は冷静な判断が大切

これに対してネガティブな借金返済というのはどのようなものでしょうか。 簡単にいえば、それはポジティブな借金の真逆であると考えることができます。

返済の目処が立たないのに何度も利用したり、利益を増やす具体的なプランなどが無いうちにお金を借りてしまうのです。 非常に基本的な話になりますが、借金は結局返済しなくてはいけません。

元本だけではなく利子を付けて返済をするので、借りる前よりも私たちの金銭状態というのは非常に悪くなるのです。 ぜひお金に困って安易に借金をするというのではなく、どんな「目的」でお金を借りるのかしっかりと考えてみる様にしましょう。

このようなことを覚えていると、緊急時以外は基本的にお金を借りないと決めることの助けになるかもしれません。 借金は多くの場合、将来入ってくるお金を今使うだけで、問題の解決策にはならないのです。

冷静に考えてみて自分の借金のタイプがポジティブなものか、ネガティブなものかをしっかりと考えてみるようにしてください。 そうすれば不要なトラブルや、苦しい返済状況を避けることができるのです。

また、借金をする理由には、2パターンがあります。 1つは、お金を借りてそれを元手にして借りた額以上にお金を増やして稼ぐというものです。 具体的には、会社の借り入れ資金が該当します。 会社は銀行などから借金をして、その借りたお金で商売を行い、得た利益で借金の返済を行います。 2つ目は、ただ単に欲しい物を手に入れるためにする借金です。 この場合は、個人が多いです。 例えば、マイホームであったり、マイカーです。 借金で借りたお金はただ単に消費され、購入した物が利益を生むという事はありません。 お金の上手な使い方はどちらなのかというとやはり1つ目の方法でしょう。 最初に借金をしたとしても、後はお金がお金を生み出す仕組みなので、利殖をすることができます。 ただし、必ずしもうまく増える保証はなくて、赤字営業で損をしてしまう可能性もあります。 そうなると、借金返済するのもままならなくなります。 ここら辺が借金をするという事の難しさとも言えます。